出会い難を乗り越えるべきあう方法集

「セフレになってくれると……嬉しいな」
AVみたいなことが実際に起こった。
セックスフレンドなんて、大学生の俺には無関係だと思ってた。
二ヶ月くらい前に同じゼミで出会った女の子は見た目も性格もよくて、俺の好みにばっちり合ってた。
けど、そういう女の子には当然もう付き合ってる恋人がいて、思い切って告白しようなんて試みすら無駄だった。
連れ添って歩いてる美男美女なんて絵になってるし。
とにかく、童貞で彼女いない歴イコール年齢の俺にとっては羨ましいシチュエーションだった。
で、あるとき合コンに誘われて、したたかに酔った夜に言われたんだ。信じられない言葉。
「セックスフレンドになってほしい」って。
彼女も頭数あわせに出てて、ツレの男がトイレに行ったときかなんだったかな?そのときに言われた。
え、あいつと付き合ってるじゃん、マジかよ、って言ったら「本気だよ」って言われてさらにびびった。
しかも彼女、シラフだったんだ。酒飲めなかったから。
もう一回確かめた。そうしたら「身体が疼いちゃうの……」って言い出した。
普段の清楚っぽくてお嬢様なイメージとかけ離れてて呆然としてると、膝とかくっつけてきて、「××君の傍にいると、アソコが濡れちゃう……」まで言い出してパニくった。
恋人の男に見つかったらなんかヤバイそうだったから、急いでその場から逃げ出した。
迷ったけど酒の勢いもあって、そこらへんにあったホテルに入って、本当にセックスした。
童貞だし、セックスの仕方わかんないし下手くそだぞ、って言っても「大丈夫だから」って、服を脱ぎ始めた。
着やせするほうだったんだろうな。おっぱいが大きくて、尻もぷりっとしてて、見た瞬間に勃起した。
そこからはもう夢みたいだった。
AVっぽくフェラから始めてくれて、ザーメンなんてあんなもん飲めないだろうと思ってたけど、ぺろぺろおいしそうに舐めてた。
口の中はあったかくて、超気持ちよくて、出して出して出しまくった。
今度は俺の番だと思って必死にペッティングして、ま×こを見せてもらった。
ま×こってピンク色かと思ってたけど、ちょっと赤いんだな……なんて思いながら、ぺろって舐めたら潮吹きされた。
身体がビクンビクンしてた。
すげぇ、本当に欲求不満だったんだ。
その後、「入れるね」って彼女が言ったあと、騎乗位になってくれた。
ぷりっぷりのま×こがギュウギュウしめつけてくるわ、綺麗な女の子が腰を振りたくってアンアン喘いでいるわ、おっぱいが揺れてるわで凄い。
安全日だから中だしOKだよって言われてたから思いっきり出してすっきりした。
「××君のおち×ぽ大好き」って言ってくれて嬉しかった。
その後もいろいろ試して、結局三時間くらいぶっ続けでやった後、メルアド交換して、また今度会おうってことになった。
合コンの次の日、恋人と普通にしゃべったり連れ添ってたりする所を大学で見たときは、やっぱ夢だったんだ……と思った。
脱童貞のエピソードがあれなんてぶっちゃけ騙されたみたいな話だし。でも、その夜にメールが来た。
ホテルで落ち合って、またセックスした。一晩中やりまくって、部屋にパンパン音が響いてたと思う。
やってるうちにコツを覚えてきて、リードされるだけじゃなくてリードする側にもなって楽しかった。
中だしダメな日もあったから、コンドームを箱買いするようになって、それでも足りないくらい。
セックスのおかげで体力がついて、自信が出てきた俺はその子に負けないように身だしなみとかを気をつけるようになった。
そうしたら、付き合って欲しいと告白してきた別の女の子がいた。いや、セックスフレンドの申し込みじゃなくて。
これまでぜんぜんモテなかった俺にとって、信じられないことの連続。もうあの子が呼んだ奇跡としか考えられなかった。
俺にも恋人ができた今でも、あの子と関係は続いてる。
今の恋人のセックスでも別にいい。
でも、セフレ出会いなのでデートとかプレゼントとかでなんだか女って面倒だなって思うようになってきちゃったな。
やっぱりセックスフレンドくらいのほうが気が楽だ。
しかし、相変わらずあの子の性欲はすごいw
来週末はハメ撮りプレイさせてもらう予定。

旦那にバレた

3月 27th, 2014

まだ子供が小さくて好き勝手に出かける事もできず私はかなり欲求不満でした。

結婚前はセフレの勇気(
出会い系のサイトであった)や課長と思う存分セックスを楽しんでいたから・・・。

旦那の敦士とはセックスレスなのでオナニーばっかりしてました。

夜、子供が寝てから裸になって電マをクリにあてながら大きいディルドをおまんこに入れて慰めていました。

ディルドでも騎乗位のように上に乗っかるとかなり気持ち良くてセックスしてる気分になれました。

最初は敦士がいない時にこっそりオナニーをしていたんだけど、それじゃ我慢が出来なくなってベッドに敦士が寝ている横で裸になり電マとディルドで遊ぶようになりました。

敦士は全然反応はしてくれないけど、こっそり私を見ているみたいでした。

それが少し興奮する材料でした。

ある時、完全に敦士が寝ているのを確認して隣の部屋で勇気に電話しました。

勇気が「どうしたの?こんな夜中に」って言ってきました。

時計を見ると夜中の1時でした。

「ごめん。寝てた?」って聞くと「いや、寝てはいないよ。智子、エロ気分なんだろ?」って一発で言いあてました。

私は「うん。」って素直に認めました。

「智子、久しぶりにキスしたいな・・・」って言うので「私も勇気とキスしたい」って言いました。

「俺、今からそっちに行こうか?」って言ってきました。

「エッ、来てどうするの?」って聞くと「もちろん智子を犯すよ!」って「でも、うちは敦士(勇気と敦士は同期)も子供も寝てるよ」って言いました。

そしたら「家の中に入るわけないだろ」って言ったのでアッって気づきました。

車が私の家の前にとまりました。

エンジンを切られ静かになった頃にメールが入り勇気がうちの前に着いたっていうお知らせでした。

私は急いで外の車の所に行きました。

車に乗り込んだと同時に勇気が激しいキスをしてきました。

もちろんノーブラ、ノーパンなので勇気はすぐに私を裸にしてきました。

感じる耳元から首筋を丁寧に舐めてくれて気持ちよすぎて喘ぎ声を思いっきりだしちゃいました。

私達はシックスナインになり、勇気は私のおまんことクリをベロベロ舐めてくれるので私は勇気の固く勃起したおちんちんを手コキをしました。

その後、ガマン汁を舐めてきれいにした後口の奥まで咥えこんじゃいました。

おちんちんを口に咥えて、頭を上下に素早く動かしました。

そしたら勇気が「イキそう」って言うので、私はシックスナインの形から勇気を寝かせました。

そして騎乗位になり私が腰を動かします。

Gスポットにおちんちんがあたるようにして、感じまくっていました。

おっぱいがブルンブルンと上下に動きます。

イキそう!って私が思った時誰かと目が合いました。

エッ、心臓が止まりそうなほどびっくりしました。

それはパジャマ姿の敦士でした。

「敦士・・」って思わず言って、勇気のおちんちんから離れました。

勇気がエッって言いながら起き上りました。

「お前ら家にはいれ」とだけ言って、家に入っていきました。

私達はすごくパニクッて急いで服を着ました。

勇気が「謝るしかないな」って覚悟を決めたみたいでした。

家のリビングのソファに敦士が座っていました。

「お前らいつからそういう関係?昔、俺が嫉妬して3Pもどきした事あるよね。その時から?」って聞いてきました。

私達は目で合図して「そうだよ」って2人で答えました。

本当はそれよりかなり前からなんだけど・・・・。

「ごめんなさい」って私が謝ると、勇気も「ごめん」って謝りました。

でも敦士が「智子、俺が悪いよな。俺こそごめん。俺、どうしてもセックスがあんまり好きじゃないし全然したいと思わないんだ。」と言い出しました。

「智子がいつもオナニーをして自分を慰めてる事は知っていたけど、どうしてもできなかった」って。

「智子と勇気って愛し合っているの?」って敦士に聞かれたので、「違うの。私は敦士の事が大好きだし、勇気も好きな人はいるの。でも・・・エッチがしたいの。セックスがしたいの。」って私は言いました。

敦士は「セフレって事?」って聞くので勇気と私はうなずきました。

「俺、それだったら何も言えない。愛し合ってるんだったら離婚とか手はあるけど、俺の事好きでいてくれてるんだろ?」と言うので、私は「愛してるのは敦士なの」って素直に答えました。

敦士は「俺、智子に本当に悪いと思ってるから勇気との関係は続けていいと思ってる」って言ってきました。

そして「でも、もう二度と俺が分かるような所でしないでほしい」と言いました。

私はびっくりして「続けていいの?」って聞くと「本気じゃないならいい」って答えたんです。

「俺、3Pもどきの時ちょっと感じたんだ。2人の関係。前からなんじゃないかなって思った。逆に勇気だから許せるし。」って。

ものすごく敦士に申し訳ないけど、すごく嬉しかったんです。

2人のセフレの関係(
宮城出会い系のサイトであったとしても)が認められたことに。

そしてすごく寂しくなりました。

本当に敦士は私とセックスする気はもうないんだって事に。

敦士は私に「勇気とのカーセックス、すごくエロかった・・・」って一言いいました。

私は先日出会い系サイト主催の合コンをしました。

相手は、私達と同年代の会社員であり、みんなスポーツマンのようないでたちでした。

合コンは3対3の小規模なものでしたが、非常に楽しく過ごす事が出来ました。

合コン中私に気安く声をかけてくれたのは、27歳のサラリーマンで、

私の斜め左の席に座っていました。

どちらかと言うと、イケメンであり体つきも大きく、ラガーマンのようでした。

その推測と同じく、彼は大学時代は東京の有名私立大学のラグビー部に所属していました。

合コンで盛り上がるたびに、場は笑いに包まれ本当に行ってよかったと思いました。

合コンが終わると、各自別行動をすることになり、

私はもちろん元ラガーマンの彼と行動しました。

彼とはカラオケ店に行き、二人で歌を歌ったり楽しくおしゃべりをしました。

そして、日が暮れてくると私達は流れ的に一緒に夜を過ごすことになりました。

彼が都心のホテルの部屋を借り、私たちは結ばれることになります。

お互いに、シャワーを浴びて準備を終えると、行為が始まりました。

まずは、キスで互いの興奮を高め、段々と彼が私の局部に顔を下ろしました。

そして、クンニをしてきたので私も我慢できずに、彼の性器に手をやりました。

しばらくは互いに性器を愛撫して、興奮が更に高まったらセックスが始まります。

セックスが始まると、彼の大きな体に包まれて、私は彼に身を任せました。

それから、攻守交替して私が彼の体に乗って、攻めると彼は息を荒げていたので、大きな体とのギャップを感じました。

それから福岡出会い系好きの彼は我慢できなくなり、私の後ろから激しく攻めると、私は快楽に浸りついにイってしまいました。

ほぼ同時に彼も射精してしまい、その夜はラブラブな雰囲気で終わりました。

このように、合コンでは一夜限りの関係もあり、楽しい経験をすることがあります。

彼氏と二人で飲んでいたのに、急に仕事で相手が帰ってしまったときの話です。

居酒屋で丁度よく酔っぱらっていたのに、夜9時の中途半端な時間で急に一人にされてしまい、コンビニでお酒を買って一人呑みなおすかー、と思いつつ歩いていたら声をかけられました。

多分ミニのワンピースだったからかな、と思います。

本当は彼氏と飲んだ後にホテル行こうとしてたので、太ももと二の腕が出る露出度高めの格好でした。

ナンパや出会い系サイトなんて面倒で無視していたのですが、一人旅で今日ここに来て、一人で食事がつまらないから一緒に、と何度も誘ってきます。

私より5つは下の男の子で、ふわふわした髪と人懐っこい顔がチワワみたいでした。

あんまり必死に頼むので、一緒に呑みなおしてもいいかなー、と思ってOKしました。

近くの個室がある居酒屋に入ってビールで乾杯。「俺が全部ごちそうしますから好きなの頼んで!」と男前な事でを言うので、ここぞとばかりに大吟醸とかを呑みました。

多分いきなり一人にされて、しかもエッチする予定も流れてイライラしていたんだと思います。

日本酒ばっかり呑みまくりました。

男の子は彼氏の愚痴を親身に聞いてくれるし、ちゃんとお酌してくれるしで、かなりいい気分になってました。

その内、向かい合って座っていたのを、お酌しにくいからと言って隣に座って来ました。

堀ごたつで足がくっつく位近くに来て、膝を撫でられました。

ソフトタッチが凄く優しくて、それだけでちょっと濡れ始めちゃいました。

会話は普通に続けてるのに、テーブル下の男の子の手は内股の際どい所を攻め始めていて、飲み物オーダーで店員さんがいるときにパンツ越しから濡れてるところを撫でられました。

声が出そうになって我慢してたのに、その子は普通ビール頼んでました。

それでなんか変なスイッチが入っちゃって、店員さんがいなくなってからすぐにベロチューしました。

男の子の指はぐちゃぐちゃになった私の中に入って来ていて、クリを摘ままれながら店員さんからお酒を貰ったりしました。

店を出てからすぐホテルに入って、我慢できなくてお風呂でしちゃいました。彼氏には内緒だけど、すっごく気持ちよく興奮して学生出会い系サイトとかで違った遊びにはまりそうです。

擦り切れやすい畳

6月 30th, 2013

それは家をたてるときにお金がなかったからなんでしょう。畳の表がとても擦り切れやすいと住んでから最初にそう思ったことがあります。歩いただけで擦り切れやすいということでは、それは「畳のおもて替え」ということをすればいいかもしれないですが、家を作る時期というのは、子育ての時期とも重なることも多くて、とてもそんな余裕などありません。知り合った澤田さんも大変といっていました。

それで、最初のうちからカーペットやい草など畳を保護するものを敷いておけばよかったのですが、主人がい草などを嫌う人でとてもそのような保護対策もできていなかったということですね。しかし、冬場の寒いときには、カーペットも敷くしい草でないものならほかのものでは大丈夫だということで、竹のマットなどを敷いたこともありましたが・・。

それで、時間的にも余裕ができてくると畳の表替えというようなことを考えるかもしれないですが、果たして今の時代にそのようなことをしてくれるところがあるのでしょうか・・・?それで、自分としては洋風の家が便利そうで住みたかったということもりますが、畳の部屋が多いことには部屋の中も快適に住めそうではありません。

麻雀イカサマ

6月 26th, 2013

ギャンブルにはさまざまなイカサマが存在します。
トランプやカードを使うギャンブルでは傷を付けたりして、自分だけ分かる様にしたり、カードを隠して多めに持ったり、マジシャン並の手さばきで摩り替えたりします。

麻雀でもさまざまなイカサマが存在します。知り合ったプロの方に教わりました。
トランプやカードのように傷をつけて判別する「ガン牌」と呼ばれるイカサマや「拾い」と言った捨て牌を拾うものまであります。
沢山イカサマはありますが、二つのタイプに分ける事ができます。

それは一人でするイカサマか二人や三人でする複数のイカサマです。
一人でするイカサマは「ガン牌」や「拾い」、「すり替え」や「握り込み」等があります。二人や三人でするイカサマは「エレベーター」や「通し」等があります。最近の麻雀はほとんどと言っていいほど、全自動卓ですから牌を積むイカサマはできません。昔の代表的なイカサマはなんと言っても「積み込み」でしょう。

「積み込み」が出来る人はそれだけで、仕事もせず遊んで暮せるほど稼げたと聞きます。
ですが、やはりイカサマはイカサマですから、してはいけないものだと思います。

ばれた時に責任が取れないですし、友人や知り合いにイカサマをしてしまうと信用問題に関わります。
ですから、イカサマは色んな意味で難しいものだと思います。

馬券が当たらない

6月 23rd, 2013

 私は、競馬が趣味で毎週馬券を買っているのですが、最近の結果がとても残念なことになってしまっているのです。それは、どんなことかというと、私が見送ったレースは当たって、いざ買ったレースはハズレるということです。馬券師にとって、これほど悲しい現実はありません。出会った勝負師も同じ事を言ってました。

 どうしてこうなるのかを考えてみると、私の馬券の買い方が最近慎重になりすぎているからかもしれません。長い間馬券を買っていると、過去に負けたパターンがフラッシュバックしてしまい、なかなか思い切った買い方ができなくなってしまいます。

 しかし、勝負事ではたいてい弱気のときより、強気のときのほうが勝ちやすく、不思議とそういった運の流れが間違いなく存在しているのです。

 これを解消するためには、1度初心に戻って素直な気持ちで馬券を買うことが求められます。それは、簡単なようでいてなかなか難しいことなのですが、馬券を当てるためにはそれを心がけていきたいと思っています。

あるコンビニのトイレを利用しました。
ここのコンビニのトイレには、よくお世話になっています。

洋式でウォシュレットでとても快適な便器が気に入っているのですが、
設備としての欠点もあります。

それは、トイレの照明が消えてしまうことです。
人が長い時間動かないでいると、誰もいないと判断して照明が落ちてしまうようです。
みなさんのまわりにも、こうした照明設備のトイレはあるのではないでしょうか。

私も、このコンビニだけではなく、色々なところでこうした照明を体験してきました。知り合った人の実家でもそうです。
そこで、知らず知らずのうちに身に付けた技術があります。
照明が消えたら、少しだけ動いてみるという技です。

この技で、今まではあらゆるトイレを乗り切ってきました。
「あ、誰かいるな」
このように感知センサーに判断してもらえれば、また照明はついてくれるのです。

しかし、今日ご紹介したコンビニのトイレでは、この感知センサーがなかなか感知してくれないのです。
仕方がないので、次は、暗いままトイレで過ごす技術を身に付けたいです。

友達が、リップを塗ると髪の毛がまとわりついて嫌だと言っていた。

なるほど、確かに自転車をこいでいるときや、風の強い日は髪の毛が口にぺしぺし当たる。
嫌だよね、と相槌を打つと、どうやら個人投資家の友達が困っているのはそういうことではないらしい。

何もしていなくても、ただ歩いているだけで、唇にぺとぺとくっついてしまうのだとか。
本当に疑問だった。なぜ何もしていないのに唇に髪がくっつくのだろうか?
まさか、唇が磁力を持って呼び寄せているわけでもあるまい。

疑問に思って、その子をよく観察してみた。

すると、なるほど言う通り、髪の毛がすごく唇に引き寄せられてくっついている。
なぜだろう、と長いこと考えていたが、すぐに結論が出た。
彼女は、髪の毛がちょうど首までくらいの長さで、そのうえパーマをかけているのである。

ちょうど動けば髪が顔周りに当たり、唇がリップを塗っているためにノリのような役割を果たしている。
パーマをかけているためにストレートの人よりは髪が不規則にうねっていて、そのため飛び出した毛の何本かが唇にくっつくのだとも気づいた。
なんというかまあ、くっつかない長さまでがんばれ、と思った。

12月に生まれた息子

6月 13th, 2013

12月に生まれた息子も生後5ヶ月を迎えました。5ヶ月すぎたら離乳食を始めてもいいけど、
お姉ちゃんの幼稚園の送迎や他の用事を考えると、意外と忙しいことが判明。
6月は、少し遠出する予定があるので、それが終わって離乳食を始めようと思っています。

離乳食を作るときのすり鉢などは、お姉ちゃんのおさがりがあるし、食器は出産祝いで
頂いたものがあるので、そこまで準備するものはないけど、今回、新調しようと考えているのが
「ヌードルカッター」です。用途は、その名の通り、うどんやパスタなどの麺類を短くカットする調理器具です。
箸で切ればいいから、まぁなくてもいいから、お姉ちゃんの時は迷いつつも、買わないまま
離乳食の時期は過ぎてしまったけど、やっぱり便利そう!証券会社で働いた帰りにパパに買ってきてもらわなきゃ!

あとはシリコンスチーマーも購入予定です。離乳食は、最初は1回あたりの量も少ないので
まとめて作って冷凍する方法もありますが、すでに我が家の冷凍庫はパンパンなので、離乳食を冷凍する
スペースはほとんどなし!シリコンスチーマーがあれば、少しの量でもレンジで食材を茹でたりできるので
活躍しそうです。もちろん離乳食以外にも使えるから、料理の幅が広がりそうです。

Extra Column

You can fill this column by editing the index.php theme file. Or by Widget support.

Copyright © 出会い難を乗り越えるべきあう方法集. All rights reserved.